キッチンスモーカー

 この冬「中華なべで15分!燻製おつまみ」という本を見つけて、俄然スモーク作りに目覚めてしまい、amazon漁りスタート。

 ネタ本では「家庭用中華鍋+焼き網でOK」となっていますが結構汚れや臭いが気になりそうなので専用鍋を選択。
 また食材の乾燥はペーパータオル+冷蔵庫でもいけるそうですが、あまりスペースが無いので本で勧めていたハンギングネットを購入(本来はキャンプでの食器乾燥用)。

 まず手始めに試したのは(ネタ本にあった)薫製塩・醤油・オリーブオイルの3点セット。耐熱ガラスの器に入れて燻すだけですが、良い香りがついて料理の便利なアクセントに。
 
 次に試したタコ・ホタテ・赤身マグロの漬の薫製。ここで長時間、あるいは強火で薫製しようとするとキッチンのガス台では空焚き防止スイッチが作動して火が消えてしまう、という問題が発覚。魚介類の香り付け程度ならともかく、生肉などを扱うには非常に心許ない感じ。
 
 カセットコンロかなぁと思ってamazonを開くとすぐに現れたのがシュアーの電気コンロ。多くの人がベランダでスモークするために購入しているらしく(私の購入履歴を睨んでバシッと薦めてくるあたり、さすがamazon!)、値段も手頃でステンレス製なので手入れもラクそう、火力も充分(冬の屋外では少し辛い様だけど、私は屋内だからOK)で何より電気の方が安全っぽいのでコレに決定。

 早速使ってみると、バッチリいい感じで鳥肉のスモークが完成。これから薫製作りが楽しくなりそう。

ベルモント,ハセモト鉄製薫製鍋27cm[H-027] 3,200円(amazon)
シュアー, 電気コンロ[SK-65] 2,163円(amazon)
コールマン, ハンギングドライネット[170-6496] 1,030円(amazon)

関連記事

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

passed days

drawers

ページ上部へ戻る