新サイコンアプリ(Cyclemeter GPS)

 Runtastuc Road Bike Proがついに終了!というアナウンスを受けて、引っ越し先探し。GPSでログがとれて、ケイデンスセンサなどが使えて…を踏まえてとりあえずCyclemeter GPSへ落ち着きました。ヘディングアップで地図が表示されない、という点を除くと今のところRuntastic以上の満足度です。

 iPhoneベースのサイコンとして2014年から使っているRuntastic。Adidasに買収された後もアプリは継続供給されていたのですが、ついにRuntasticの名前とともにサービスを終了してAdidasブランドアプリへの一本化が決定。ところがAdidasはランにしか興味が無い様で、ロードバイク絡みの機能は縮小の一途を辿りそうということで、仕方なく引っ越し先探し。
 私自身が使っていた機能は「GPSを用いた走行経路」と「Topeakスマートケイデンス&スピードセンサのデータ」のモニタリング程度だったので簡単に後継が見つかると思ったのですが…

 最初の候補はもちろん最もメジャーと思われるStrava。特に他の人達と走行ログを共有・比較する機能に優れ、愛用者が多い様。ただ私自身はログ共有には興味が無く、一方でケイデンス/スピードセンサの接続機能は廃止されてしまっており(bluetooth接続がアプリクラッシュの原因だった、というのが中の人の弁)、これでは私のニーズには合いません。

 次に探したのがTopeakが出しているPanobike+。当然センサ接続はバッチリなのですが、アプリのアップデートが1年以上されておらず、コメント欄にはバグ放置を恨む声が溢れていたのでこれも回避。

 webで「サイコン ケイデンスセンサ toeak…」などキーワードをいろいろ使って探した結果、現時点で行きついた先がCyclemeter GPS。

 このアプリの一番の特徴と思われるのは、「ストップ時計」とか「ストップウォッチページ」と称するリアルタイムモニタ用画面が複数用意されて随時切り替えすることができて、さらに自分で内容をカスタマイズできる、ということ。表示データの種類や地図・グラフの有無などを組み合わせて構成することができ、私は「地図+バイクタイム・走行距離・車速・ケイデンスのデジタル表示」を愛用しています(今まで使っていたTopeakセンサはあっさり認識されました)。

 またRuntasticではできなかった「複数バイクの登録」「Apple Watchからの心拍数データ取り込み」が可能で、他にiPhoneのヘルスケア/ワークアウトとの連携やStravaへの自動アップロード機能なども用意されているのも便利な感じ(他人と共有しないにしても、ログのストック先としてはStravaが最も良さそうだし)。
 さらに「安い」のもCyclemeterの利点の一つかも。Runtasticは確か5,000円/年くらい、Stravaが6,300円/年なのに対してCyclemeter GPSは1,200円/年ほどで済むのは嬉しい限り。

 今のところ実感している欠点は「地図がヘディングアップで表示されない」こと。別にある「マップページ」ではヘディングアップも選べるのですが、データ類を同時に見られる「ストップウォッチページ」はノーズアップ固定なので、咄嗟の時に混乱することが時々あります。
 他にもRuntasticやStravaと比べてweb上でのサービスやサポートがあまり充実していない、UIがあまり洗練されていない、など気になる点もありますが、「走りながらスピードやケイデンスなどの情報と地図上の位置や走って来たルートがリアルタイムで見られる」という私のニーズはしっかり満たしてくれているので、しばらくはコレを使って行こうと思います。

ABVIO,Cyclemeter GPS Elite 1,220円(App Store)

関連記事

2020年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

passed days

drawers

ページ上部へ戻る