群馬産に拘るネオ大衆酒場(★☆☆グンマーネオ酒場リバール。,前橋)

 老若男女誰もが楽しめる、前橋・群馬の食材に拘ったネオ大衆酒場、という触れ込みの「リバール。」。正直「前橋ならでは」感には乏しいですが、唐揚げとハイボールをガッツリ楽しめるお店でした。

 前橋に来たからには前橋ならではの郷土料理は?とwebを叩いて出てくるのは「うどん、こんにゃく、焼饅頭…」。これでお酒を飲むのは難しいなぁ、と思って探しているうちに目についたのが「群馬県産・前橋産の食材に特化した」というフレーズがつけられた「リバール。」。ホテルからまぁ近いし、きっと群馬/前橋っぽいモノが食べられるに違いない!と思って行ってみることに。

 ホテルがある前橋駅周辺は、たくさんのビルが並ぶものの人影もお店の灯りも疎ら。向かう先は繁華街らしいのですが、雰囲気はあまり変わらず薄暗くひっそりとした中に、煌々と光り輝く一軒。屋根の上には彩り豊かな看板と「リバール。」の文字。なんか、ここだけ雰囲気が違う。
 なんとなくカントリーっぽい雰囲気の建屋は中に入っても同じ。木の大きなテーブルが並び、壁にはなぜかタモさん、マイケルジャクソン、マリリンモンロー、それに寅さん。

 このお店のメインは「前橋・群馬産の肉」。赤城鶏の唐揚げ、上州麦豚の餃子、上州和牛の牛筋煮込み。唐揚げと餃子にはいくつかバリエーションもあって、それらを食べながらビールやハイボールをガンガン飲む、というのが基本スタイルの様。さすがに肉の味から産地の違いを感じることは難しいですが、料理のバリエーションの多さと、ハイボールやサワー用に漬け込んだフルーツの数々などは農産県ならでは、という感じです。

 開店時間(17:00)直後にお店に入った時は他の客ゼロ。でも周囲のテーブルはほぼ全て「予約」で埋まっていた様で、なかなかの人気ぶり。確かにお店の雰囲気はいかにも「食べて、飲んで、元気になろう!」って感じだし、料理もお酒も種類が豊富なので、友人達と週末ワイワイ騒ぐのにピッタリのお店だと思います。

 個人的には唐揚げは肉に下味がつけてある方が好みですが(衣にはしっかり味付けされてましたけどね)、胸・腿・軟骨の食べ比べができるし、サラダなど肉以外もある程度揃っているし、鶏・牛・豚と揃っているし(どうせだったら上州豚や上州和牛も固まりで食べられるともっといいけど)、で家の近くにあったらそこそこ通うかもな、と思える良いお店に行くことができました。

関連記事

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

passed days

drawers

ページ上部へ戻る