トヨタ産業技術記念館(名古屋)

 名古屋に行ったらぜひ寄るべき博物館が、トヨタが創業の地に開いた産業技術記念館。もう一つのトヨタ博物館が主に実車の展示であるのに対し、こちらは繊維機械と自動車を題材に「ものづくり」の歴史を紹介しています。

 前半は、織機の歴史。綿花から糸を紡ぎ出す理屈から始まって紡績機の発展する様が実機と共に説明され、その後は豊田佐吉さんによる数々の手動織機の工夫、さらにあの「豊田自動織機」の発明を経て最新式の織機まで。
 びっくりするのはとても多くの説明員がいて、さらに実機(または実動模型)を動かして実際に糸を紡ぎながら、布を織りながら丁寧に説明してくれること。
 随分多くの博物館へ行ったけど、こんなに説明が充実している所は他に思いつかないくらい。

 後半は豊田喜一郎さんが自動車開発に情熱を燃やすところから始まります。
 試作エンジンから試作車まで、どの様に作って、どこに苦労したのか、といった様子が説明され、その後現代的な生産ラインまで、「どうやって車を作るか」の説明が続きます。

 また途中には鋳造・鍛造・切削加工を実演する部屋があり、本当に目の前で砂型を使って金属を鋳込み、電磁加熱した鋼材をプレスで打ち抜き、また旋盤で切削仕上げする様子を見られる様になっています。

 「若者の理系離れ」と言われますが、それに真っ向勝負しようとして「ものづくり」の代表企業ともいうべき会社が真剣に「ものづくりの楽しさ」を伝えようとしているのだなぁ、と思える様な、そんな熱さを感じる博物館でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

passed days

drawers

ページ上部へ戻る